自己紹介

matauemoon

はじめまして!はたらく(元)公務員です。

20年以上前、若干の不安と期待を胸に、公務員としてのキャリアをスタートしました。

当初は未知の世界でしたが、年数が経つにつれ様々な経験と知識を培うことができ、素晴らしいキャリアを築くことができました。

今思うと、採用された当初の自分は世間知らず過ぎて恥ずかしいです・・

その後4回の部署異動を経験する中で、さまざまな業務に携わることができました。

・総務

・財務

・人事

・渉外

これらに加え組織運営・・・

そのたびに新たなスキルを身につけ、多くの成長の機会に恵まれました。

異動があるたびに緊張もありましたが、新しい仲間と協力しながら、古い体質から新しい時代に合わせた業務の在り方に挑戦し続けていきました。

その甲斐あってか、勤続中の人事評価で常に「S」を頂戴したことは、私の自信と努力の成果でした。また、最速で管理職へ昇進することもできました。

誠実に業務に取り組み、同僚や上司とのコミュニケーションを大切にすることで、信頼関係を築くことができたのだと思います。

そんなノウハウも惜しみなく出していければと思っています。

いつからか退職を考えるように

20年間の公務員としての経験を振り返ると、様々なエピソードが蘇ってきます。

困難な局面に直面したとき、チームの協力や市民の皆さんからの温かい支援があったことを忘れることはありません。

特に災害時には、地域の方々と共に協力し、支援し合う中で、公務員としての使命感を強く感じました。

しかし、これらの恩を私なりの方法で返すには、何か別の視点と動きを持たなければいけないと感じ始めました。

また、イチ公務員という立場では組織的な業務が主であり、個人ができることには限度があると感じました。

「もっと直接的な方法で多くの方々に還元していきたい。そのためにはもっと知識・経験が必要だ」

その思いは強くなり、安定の代名詞「公務員」を退職。

しかも。自分で言うのもなんですが、結構出世ルートに乗っていたと思います・・。

現在は公務員から脱却した新たなアプローチを模索しています。

充実した公務員生活を送ってほしい【私の理念】

退職してしまった私ですが、公務員の仕事に対する尊敬と情熱は消えることなく、引き続き公務員の皆さんをサポートするために活動しています。

地域社会に貢献することの重要性を痛感し、私の公務員時代の経験と知識を活かして、公務員の皆さんが、より良い職場環境で充実した仕事ができるよう支援していきたいと考えています。

要は公私ともに満たされた状態で幸せな人生を送ってほしいと思っています。

とはいえ公私ともに満たされている状態とは何を指すのでしょうか・・

幸福の定義は人それぞれです。正解はないと考えます。

そのような中で、私の考える満たされている状態とは

・金銭的な不満がないこと

・世の為、人の為に貢献したいと考えられること

・自分自身を認め、日常にやりがいを感じていること

ひいては、それが同僚・地域・住民に波及していき皆が幸せになれるような、そんな一端を提供していきたいと活動を続けています。

多くの方が公務員として日々業務をこなしながら、常に満たされた状態であれば、それに比例するように質の高い行政サービスを提供できることでしょう。

これからも公務員としての経験を胸に、多くの方々の力になれるよう、努力を惜しまず活動していきます。

何かお力になれることがあれば、どうぞコメント等でお気軽にお声がけください。

何卒よろしくお願いいたします!

記事URLをコピーしました