<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

見た目全般

公務員はネクタイ選びで悩む必要なし!【素材と柄はシンプルが正解】

公務員のネクタイ選び
matauemoon

ネクタイは公務員の印象づくりの大事な要素です。

しかし、着用するアイテムを間違えると大事な印象がマイナスになってしまいます。

あなたは、公務員としてどんなネクタイをすれば良いのか、一度は迷った事がありませんか?

学生から初めて社会人になる方は、なおさら最初の印象は大切にしたいですよね。

私は公務員として20年間勤め、人事評価で最高にあたる「S」を獲得してきました。

また、その甲斐あって同期の中で最速の昇進を果たすことができました。

公務員のネクタイ選びの正解は「シンプルなデザインと落ち着いたカラー」です。

なぜなら華美や個性を組織的に求められていないからです。

公務員に求められる姿と共に、まず見た目から評価づくりをしていきましょう。

この記事のポイント

・失敗しないネクタイ選び

・ネクタイの柄や素材が与える印象

・手頃なネクタイブランド

この記事を読むことで

・印象づくりで失敗しない

・ネクタイ選びに迷わない

・良好な人間関係の第一歩を踏み出せる

公務員が着用するべきネクタイの選び方

公務員として働く際には、ネクタイは必需品です。

しかし、ネクタイは種類が豊富で、選ぶ際には慎重になる必要があります。

そこで、ネクタイの選び方について解説します。

ネクタイの色

まず、ネクタイの色についてです。

公務員としては、無難な色を選ぶのが望ましいです。

黒や紺、グレーなどの無地の色は、多くの場面で使えるため、GOOD。

赤や青系の明るい色は、最初は避けた方が良いでしょう。

ネクタイの柄

次に、ネクタイの柄についてです。

無地のネクタイが基本ですが、ストライプやドットなどの柄も人気があります。

柄を選ぶ場合は、シャツとの相性を考えてみましょう

同じような柄の組み合わせは×。とてもうるさく感じます。

ネクタイの素材

素材については、シルクが最も一般的な素材です。

シルクは光沢があり、上品な印象を与えます。

ただし、シルクは高価になりがちで、手入れが必要です。

ポリエステルやウールなどの素材もありますが、素材によって印象が異なるため、選ぶ際は注意しましょう。

ネクタイの結び目

最後に、結び目(ノット)の種類についても触れていきましょう。

ノットも簡単かつシンプルなもので充分です。

以下にオススメのノットを抜粋します。

プレーンノット

プレーンノットは、シンプルで堅実な印象を与える結び方です。結び目が小さく、きちんとまとまった印象を与えるため、ビジネスやフォーマルな場面でよく利用されます。

この結び方は非常に簡単で、初心者にもおすすめです。

また、ネクタイの素材や柄にも合わせやすく、幅広いスタイルに適用できます。

新人さんはこれ一択で充分です。

ダブルノット

ダブルノットは、一般的なノットよりも結び目が大きくなり、ボリューム感と存在感を与える結び方です。特にフォーマルな場や式典、パーティーなどの華やかな場面で好まれます。

結び方自体はやや複雑に見えるかもしれませんが、実際に結んでみると簡単にできるはずです。ネクタイの長さと太さによっては、ダブルノットがより効果的に映えることもあります。

ダブルノットは、華やかな印象を演出したい場合や特別なイベントにぴったりのノットです。

ウィンザー

ウィンザーノットは少し複雑な結び方ですが、一度覚えてしまえば問題ありません。

結び目がややゴツ目にしっかり仕上がるイメージで、細見のネクタイにボリュームを出したい時などにも使える結び方です。

ビジネスやフォーマルな場面でのネクタイの結び方として、カッチリ上品な印象を演出するために活用されています。

ハーフウィンザー

ハーフウィンザーノットは、ウインザーよりもボリュームを抑えた結び方で、シンプルな見た目を持ちながら、比較的簡単に結ぶことができるため、多くの人に利用されています。

ウィンザーノットよりも簡単に結ぶことができ、エレガントな印象を与えながらも、時間をかけずにネクタイをきれいに結ぶことができます。

ビジネスやカジュアルな場面で利用されることが多く、一度覚えてしまえば簡単に結ぶことができます。

ノットには他にも色々種類がありますが、メジャーなものだけ紹介しました。

特にノットの種類で注意されることはないです、大事なのは丁寧に結ぶこと。お好きなノットを選んでください。

公務員のネクタイ選びはこれらのポイントを考慮しながら、自分に合ったネクタイを選んでみてください。

知らないと赤っ恥!公務員のネクタイマナー

公務員として働く上で、ネクタイのマナーはとても重要です。

正しい着用方法を知っていることは、職場での印象を良くし、信頼を得るためにも必要です。

まず、適切な長さと幅を選ぶことが大切です。

ネクタイは襟元からベルトにかけてすっきりと伸びる長さが理想的です。

また、幅はスリムタイプやミディアムタイプが適しています。

幅が広すぎると古臭い印象を与え、幅が細すぎるナロータイだとカジュアルすぎる印象を与える可能性があります。

次にネクタイ結び方(ノット)についてですが、どれを選んでも構いません。

なぜならノットで大きく印象が変わることはないからです。

大事なのは、ノットのクオリティです。

自分で決めたノットは何度も練習して、適切な長さでしっかり結べるようにしてください。

ネクタイの色や模様で印象が変わる!?

公務員として着用するネクタイにおいて、色は非常に重要な意味を持っています。

具体的に色が表す印象を抜粋します

黒・・・正式な場での威厳や安定感

紺・・・知性や落ち着き

赤・・・パワーやエネルギー

ピンク・・・優しさや温かさ

また、色だけでなく、柄や模様も重要です。

ストライプ・・・権威や堅実性

ドット・・・遊び心や軽さ

チェック・・・カジュアルな印象

無地・・・シンプル、フォーマルな印象

紺+無地のネクタイはTHE公務員向きで1本は欲しいです

しかし、色や柄の選び方は、会社や職場のルールに従うことも重要です。

公務員として働く場合、会議や式典、接待などでのネクタイの着用は必須となることが多いため、選び方には細心の注意を払う必要があります。

ネクタイの素材と種類で着用シーンを考えよう

公務員のネクタイに使われる素材には、主にシルク、ポリエステル、ウールなどがあります。

それぞれの素材には、特徴やメリット・デメリットがあります。

素材メリットデメリット
シルク高級感があり、光沢感が美しく、しなやかで風合いが良いため、ビジネスシーンで人気シルク素材は摩擦に弱く、汚れがつきやすい。また、価格が高め。
ポリエステルシルク素材に比べて価格が安く、シワになりにくい。また、手入れが簡単で、洗濯機で洗える場合もある光沢感があまりなく、風合いがシルク素材に比べると劣るため、ややカジュアルな印象を受ける
ウール冬季に着用されることが多く、暖かみのあるしっかりとした風合いが特徴的。個性を出しやすい。カジュアルな印象があるため、ビジネスシーンにはあまり適していない。

どれも一長一短ありますが、やはりシルク素材が公務員として適していると言えます。

しかし、若年層の内は価格を重視してポリエステルのネクタイを着用していても決して悪いわけではありません。

給料が上がって一定のキャリアになったら買い替えていくというのも1つではないでしょうか。

公務員はネクタイをシーンごとに使い分ける

公務員として働く際には、ネクタイを正しく着用することが求められます。

しかし、日常の勤務や会議、式典など、シーンによって適したネクタイの着用法は異なります。以下では、公務員が適切なネクタイの着用法を把握するためのポイントを紹介します。

まず、公務員の日常勤務として一般的な県庁や市役所勤務だと、ビジネスカジュアルな服装が多い印象です。

こうした場合には、地味でシンプルなネクタイだけでなく、柄物や指し色を利かせたネクタイを着用している方も見かけます。

素材に関しては、ポリエステルなどの合成繊維やシルクが多く使用されます。

ただし、いつでも窓口対応できるよう、過剰なアクセントを加えたネクタイは避けるようにしましょう。

次に、会議や報告会などのフォーマルな場面では、シルク素材のネクタイが適しています。

色合いとしては黒、紺、灰色などの落ち着いた色を選ぶことが一般的です。

柄物のネクタイを着用する場合には、柄の大きさに注意して選ぶようにしましょう。

特に式典などの公的行事では、黒や紺などの落ち着いた色合いが好まれます。

大きな柄や明るい色合いは避け、シックでシンプルなデザインのネクタイを選ぶことが望ましいでしょう。

以上のように、公務員として適切なネクタイの着用法には、シーンに合った適切な色や柄、素材の選択が重要です。

また、ネクタイの長さやノットの形なども正しく把握して、適切に着用するように心がけましょう。

そのままだと印象ダウン?ネクタイもお手入れが必要

公務員のネクタイはワイシャツ等同様清潔でシワのない状態であることが求められます。

ヘロヘロのシワだらけネクタイは着用していてもマイナスになることもあります。

そのため、正しいお手入れ方法を知って、形状を維持することが重要です。

ネクタイの保管の仕方

その辺にくるくる丸めたり、折りたたんで置いておくのはNGです。

すぐシワになり、見た目にあらわれてしまいます。

できれば垂らした状態で下げておくのが理想的です。

ネクタイの汚れの取り方

ネクタイについた汚れは、水で濡らした布に中性洗剤をつけ、やさしく汚れをこすり落とします。

その後、乾いた布で優しく拭き取り、十分に乾かします。汚れがひどい場合は、クリーニング店に出すことをおすすめします。

ネクタイのシワの取り方

ネクタイにシワができてしまった場合は、アイロンを使って取り除くことができます。ただし、ネクタイの素材によってはアイロンがけができないものもあります。また、アイロンの温度は低めに設定し、ネクタイに直接かけるのではなく、タオルなどを重ねてからアイロンをかけます。

自分にとって高いお金で買ったネクタイほど手入れが重要になってきますので、日頃の簡単なケアを怠らないようにしましょう。

公務員のネクタイデザインは無地・ストライプ等がオススメ

公務員が着用するネクタイは、落ち着いた色やシンプルな柄のものが多いですが、デザインにも種類があります。

たくさんの種類の中で公務員として勤める上で3点選ぶとすれば

公務員オススメベスト3
  • 無地
  • ストライプ
  • ボーダー

です。

長年勤務してきて、間違いないデザインでした。

新人さんはとりあえず選ぶ際に参考にしてもらいたいです。

それ以外にも多くの種類がありますので、以下に示していきます。

無地のネクタイ

無地のネクタイは、どんなスーツとも合わせやすく、シンプルで清潔感があります。

また、公務員・民間企業問わずビジネスシーンでは、無地のネクタイが多く使われる傾向があります。

ボーダー・ストライプ柄のネクタイ

ボーダーやストライプ柄のネクタイも、ビジネスシーンでよく使われる柄です。若手にも人気のデザインです。

また、細かいストライプや太いストライプ、色の組み合わせなど、様々なバリエーションがあります。

ドット柄のネクタイ

ドット柄のネクタイは、小さなドット柄や大きなドット柄、色の組み合わせなど、さまざまな種類があります。ビジネスシーンでも違和感なく着用できるため、人気があります。

花柄のネクタイ

最近人気が出てきた花柄のネクタイは、女性ウケも高く、フォーマルさの中に可愛らしさをとり入れることができます。

これら以外にも、幾何学模様やアニマル柄、キャラクター柄など、様々なデザインのネクタイがあります。

公務員が着用するネクタイの相場は3000-10000円

公務員がネクタイを購入する際に気になるのが、価格の相場です。ネクタイの価格は、種類や素材、ブランドなどによって異なります。

また、素材によっても価格が大きく異なります。

高級素材であるシルクのネクタイは比較的高価で、ポリエステル素材のネクタイは比較的安価です。

また、ブランドによっても価格が異なります。

一般的なブランドのネクタイは数千円から、高級ブランドのネクタイはなんと数万円以上するものもあります。

ちなみに公務員に何万円もするような高級ブランドは必要ありません。

公務員としての適切な予算範囲は、一般的には3,000円〜10,000円程度

新人であればもっと安くても充分です。

以下に公務員が身に着ける範囲の丁度いいブランドをご紹介します。

AOKI・青山

紳士服専門店として幅広いカラーと柄のネクタイを展開しています。

品質も一定ですし、失敗することも少ない万能感があります。

フレッシュマンフェアなどを実施しますが、正直新社会人はここで充分です。

ブルックス・ブラザーズ

ブルックス・ブラザーズは、アメリカ合衆国の老舗アパレルブランドで、上質な生地を使用したネクタイが特徴です。特に、スーツやビジネスシーンに適したデザインが充実しており、幅広い年齢層から支持されています。

ユニクロ

ユニクロのネクタイは、手頃な価格帯でありながら、高品質な素材を使用したデザイン性の高い製品が多く、幅広い年齢層から人気があります。また、カジュアルなスタイルにも合わせやすいデザインが多く、普段使いにも最適です。

ポール・スミス

ポール・スミスは、英国を代表するファッションブランドの一つで、独創的なデザインが特徴的です。鮮やかなカラーと柄使いが斬新で、モダンなスタイルを楽しめるネクタイが人気です。値段は高いです。

ユナイテッドアローズ

若者向けにデザイン性の高いネクタイを展開するブランドで、カジュアルなスタイルにも合わせやすいです。値段はやや高い印象ですがセールやアウトレットを活用すると価格を抑えられます。

ナノ・ユニバース

ユナイテッドアローズと同じく若者向けのアパレルブランドですが、スーツのネクタイは幅広く展開しており、値段も高くなく、紳士服専門店のネクタイに飽きたらアリです。

もちろん、予算に余裕があるほど高級ブランドのネクタイを選ぶこともできますが、一般的なブランドのものでまったく問題ありません。

ネクタイブランドによって評価が上下するというのは無いと考えてください。

大事なのはその先の成果で、ネクタイはあくまで印象づくりにおける1つの要素でしかありません。

また、値段が安いからといって品質が悪いと決まっているわけではありません。

価格によっては、高級ブランドよりも優れた品質のものもあります。

ネクタイを選ぶ際には、価格だけでなく素材やブランド、デザインに加え、用途など様々な要素を考慮して選ぶことが大切です。

どんなに良いネクタイでも体型が微妙だとキマらない

ネクタイ、シャツ、スーツなど折角ならバシッとキメたいところ。

実際に第一印象がスマートかつ、身だしなみに清潔感があれば、仕事でもプライベートでも断然優位です。

そして、それを左右するのはあなた自身の「体型」です。

・シュッとスリムなスーツを着こなすサラリーマン

・太ってパツパツスーツを着るサラリーマン

どちらが見栄えが良いかは言うまでもありませんね・・

また、後者はスリムタイが似合わず逆にダサくなるなど、着用できるネクタイの種類も制限されてきます。

個人的体感から「体型づくりは自分のベースを引き上げる重要な部分」であると言えます。

そして、自己投資の部類としてはかなり有力であると思います。

日頃社会人生活の忙しさでついつい体型が乱れてきていないでしょうか?

あわせて読みたい
公務員はネクタイ選びで悩む必要なし!【素材と柄はシンプルが正解】
公務員はネクタイ選びで悩む必要なし!【素材と柄はシンプルが正解】

少しでも運動する習慣を取り入れて、スーツからネクタイまで似合う人になってくださいね。

実際、私も日頃から体型を意識して行動しています。

それは公務員時代もずっと変わりません。しかし、長期に渡って継続していくというのがなかなか人間難しいところなんですよね・・。

短期間で一気に成果を出すならば、RIZAPのパーソナルトレーニング一択です。

何より努力と改善できたという結果から自信が表れますね

値段は張りますが、少しでもオシャレで似合うために高価な洋服代を先々まで買う事と比較すると、、そこまで高くはないでしょう。

スーツをバシッと決めて自身溢れる毎日を送りたい方にはオススメです。

あわせて読みたい
【最短で激変】服の似合う理想の体型はRIZAPで手に入るこれだけの理由
【最短で激変】服の似合う理想の体型はRIZAPで手に入るこれだけの理由

公務員のネクタイはシンプル&落ち着きで選ぶ【まとめ】

公務員がネクタイを着用する際には、マナーを意識して選択する必要がありますが、特に制限もなく、シンプルなデザインと落ち着いたカラーであれば大丈夫です。

ただしあまりにも適当は×。

選び方を誤ったり手入れを怠ると、印象が悪くなる可能性があることも心得ておきましょう。

なお、ネクタイの長さや幅、ノットの種類などに気を配ることで、より場面に応じた着用が可能となります。

ちなみにノットの種類よりも丁寧に覚えたノットで結べるようにしましょう。

ノットの種類<<<<<<<キレイな結び目 です

ネクタイの色や模様が与える印象もあわせて心得ておきましょう。

例えば、黒色は正式で落ち着いた印象を与え、紺色は知的で安定感のある印象を与えます。

素材については、シルクが最も高級感があり、ポリエステルは手軽に購入できる価格帯が魅力的です。選ぶ際には、用途やシーンに応じて適切な素材を選びましょう。

高品質なネクタイをキープするためには手入れも必要であり、正しい方法で保管をしなければなりません。

洗濯やクリーニングの方法、しわの伸ばし方などを正しく把握しておくことで、長く愛用することができます。

また、ネクタイのデザインについては、黒無地やストライプ柄が基本的なデザインですが、クラシックタイやボウタイなど、シーンに合わせて適切なタイプを選ぶことが重要です。

最後に、公務員が着用するネクタイの価格帯については、ブランドや素材などによって異なりますが、一般的には数千円程度が相場とされています。

ただし、価格が高いからといって必ずしも質の良いネクタイとは限りませんので、適切な色や柄、素材、そして値段を考慮して、公務員としてのイメージを損なわないネクタイを選ぶことが大切です。

この記事のいくつかだけでも意識していただくだけで、服装から他人に与える印象を良い状態に持っていくことができます。

ネクタイだけで全ての評価が良くなるわけではありませんが、ひいては職場内の評価アップにつなげていくことができるでしょう。

あわせて読みたい
「地方公務員必見!服装・髪型の印象づくりから最高の評価を得る方法」
「地方公務員必見!服装・髪型の印象づくりから最高の評価を得る方法」

自分の身の回りをできる限り整えて、最高の評価を目指して日々勤務してください。

自分が働きやすい環境づくりは自分でつくっていきましょう。

そんな行政職員を私は頼もしく感じています。

この記事を書いた人
はたらく(元)公務員
はたらく(元)公務員
地方公務員として20年間勤続。若手の頃からプロジェクトのリーダー等を務めていく中で、人事評価で「S」を取得し続ける。同期の中で最速で昇進を果たすも、働き方に疑問を感じ退職。 現在は新たな生き方を模索しつつ、公務員時代のノウハウをブログにしています。
記事URLをコピーしました