<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

見た目全般

公務員の靴を完全ガイド!男女共に快適性・コスパを追求した選び方

公務員の靴
matauemoon

突然ですが、あなたの仕事で履いている靴は自分に適した靴ですか?

よくわからないから何となく適当に買って履いてます。

このような意識が一瞬でもよぎったならこの記事をお読みください。

私も新人の頃は適当な靴を履いて、ボロボロになるまで履きつぶし、周囲の視線など気にしていませんでした。

ですが、靴の重要性は業務の効率性と評価の2つの部分に関わってきます

適当な靴を履くということはこの2つの要素をないがしろにしているということです。

私はこれまで公務員業界にどっぷり20年浸かってきて、様々な部署の職員を見てきましたが、良い靴の選び方をしている場合もその逆の場合も、すべては個人の「意識の問題」でした。

この問題を解決するためには、公務員としてふさわしい靴とは何か。

ということに意識を向け、適切な情報を基に最適な靴を選ぶことが大事です。

この記事では

・公務員の靴選びのポイント

・公務員がよく履く靴の特徴

・コスパの良い靴の選び方

などを紹介していきます。

この記事を読むことで、明日以降の業務におけるあなたの靴に対する意識が変わり、適切な靴を選ぶことで、さらなる業務の効率化と印象アップを狙う事ができます。

公務員の快適な業務に必要な靴選びのポイントは?

公務員の靴

公務員業界は様々な業種があり、それぞれの業務の実態に合った靴を選ぶ必要がありますが、共通点がいくつかあります。以下のポイントを抑えた靴選びを心がけましょう。

長時間の立ち仕事でも疲れない、クッション性の高い靴を選ぶ

公務員の業務は、長時間にわたり立ち仕事が多いため、疲れにくい靴を選ぶことが重要です。

クッション性の高い靴は、足にかかる負担を軽減し、快適な履き心地を提供します。

靴底にクッション材が使用されていたり、足裏のアーチをサポートする機能がある靴を選ぶと良いでしょう。

また、インソールにクッション性のある素材を取り入れた靴もおすすめです。

フォーマルな場にふさわしいデザインの靴を選ぶ

公務員は、会議や接客などのフォーマルな場に出席する機会が多いため、デザインにも注意が必要です。

ビジネススーツや制服との相性を考慮し、クラシックなデザインやシンプルなスタイルの靴を選ぶことが重要です。

カラーとしてはブラックやダークブラウンなどの落ち着いた色合いが好まれます。

カラーのトーンも考えましょう。派手なトーンは結構浮きます・・

また、甲の部分やつま先にディテールがある靴も、よりフォーマルな印象を与えることができます。日常の業務と会議や接待など場面に応じて使用する靴が変わることも意識しましょう。

安全面考慮した滑りにくく安定感のある靴を選ぶ

公務員の業務は、時には屋外や悪天候の中での業務もあります。そのため、滑りにくく安定感のある靴を選ぶことが安全面で重要です。

靴底に滑り止めの機能やグリップ力のある素材を使用している靴は、悪天候や滑りやすい地面でも安心して歩くことができます。

また、足首やかかとをしっかりとホールドするデザインの靴も安定感を提供し、足の疲れを軽減する助けとなります。

同じ公務員の同僚や先輩が履いている靴の評価を聞く

手っ取り早いのが、同業者がどのような靴を履いているのか確認することです。

周りに意見を参考にすることで失敗する可能性がグッと下がりますね。

先輩が履いている靴の価格や性能、購入方法などを聞いて、参考にしてみましょう。

先輩のを参考にしてみました!など会話のネタにもなりますね。

自分のサイズを正確に把握する

靴のサイズは幼少期から変わっていきますが、あなたが最後に測ったのはいつでしょうか?

意外にも皆さん自分の靴のサイズがアバウトなんです。

靴のサイズ実は結構重要で、靴が合わないと身体に及ぼす影響も大きいです。

大人になって足の長さは変わらなくても、幅は変わっていたりするので、

一度ショップで正確に測ってもらいましょう。

靴先が窮屈なサイズが合わない靴を履くと肩が凝ると整体の人も言っています。

自身のこれらのポイントを考慮しながら、公務員の方々は自身の業務に適した靴を選ぶことで、快適さや安全性を得られます。

公務員が業務でよく履く靴の特徴

ビジネスフォーマルなデザイン

 公務員の業務は、フォーマルな場面が多いため、靴もそれに合わせたデザインが求められます。一般的には、シンプルでクラシックなデザインの革靴が選ばれます。

ブラックカラー

公務員の制服やビジネススーツに合わせるため、ブラックカラーの靴がよく選ばれます。ブラックは落ち着いた印象を与え、公的な場面にふさわしいとされています。

耐久性のある素材と作り

公務員の業務は長時間立ち仕事や移動が多い部署もあるため、耐久性が重視されます。

ある程度の品質は必要です。

快適なクッションやサポート機能

長時間の着用に耐えるため、靴には快適なクッションや足のアーチをサポートする機能が重要です。疲れにくく、足への負担を軽減することが求められます。

防水性や通気性の機能

公務員の業務には屋内外での移動が含まれるため、靴には防水性や通気性の機能が求められます。突然の雨や多忙なスケジュールでも快適さを保つことができます。

本記事に記した特徴や種類は実際に履いている様子を見たり、聞いたりしたものです。

参考にしてみてください。

女性公務員が履く靴の種類

女性公務員の靴

パンプス

パンプスは女性公務員の間で非常に人気のある選択肢です。

ヒールの高さは一般的に2〜5センチ程度であり、つま先が尖っているか丸みを帯びているデザインが一般的です。

フォーマルな印象を与えるため、ビジネススーツや制服との相性が良く、多くの公務員が業務で履いています。

ローファー

ローファーは女性公務員の間でも人気があります。スリップオンタイプの靴で、一般的には低めのヒールやフラットなデザインが多いです

。上品さと快適さを兼ね備えており、ビジネスカジュアルなスタイルにも合わせやすい特徴があります。

モカシン

モカシンも女性公務員の間で一般的な選択肢です。柔らかい素材とスリッポンスタイルが特徴で、足の動きに合わせてフィットします。

カジュアルなスタイリングにも適しており、履き心地の良さが求められる業務で重宝されます。

ローヒールブーツ

冬季や雨天時にはブーツがよく選ばれます。防水性や耐寒性が求められる場合に適しており、スカートやパンツとの組み合わせによってフォーマルさやカジュアルさを調整できます。

特にミドル丈やアンクルブーツが人気で、女性公務員の間で広く愛用されています。

スニーカー

普段からスポーティーで一定の機能性を重視している方はスニーカーも履いています。

かなりカジュアルに思えますが、白・黒・紺などシンプルな単色で作られた物を選んで履いていれば、以外にも職場で目立つことはありません。

女性は男性に比べ選択肢が多いので、季節感に合わせた素材・カラーも意識すると良いですね

これらは一般的な女性公務員がよく履く靴の種類ですが、個々の業務や組織によって異なる場合もあります。公務員規定やルールに基づき、適切な靴を選ぶことが重要です。

男性公務員が履く靴の種類

男性公務員の靴

ビジネスシューズ

ビジネスシューズは、男性公務員の間で最も一般的な選択肢です。

オックスフォードシューズやダービーシューズといったクローズドレースアップのデザインが主流で、一般的にはブラックやブラウンなどのネイビーやダークトーンのカラーが選ばれます。

堅牢な作りと上品なデザインが特徴で、ビジネスフォーマルなスタイルに適しています。

ローファー

ローファーも男性公務員の間でよく履かれる靴の一つです。

スリップオンタイプで、一般的にはビットやタッセルといった装飾が施されたデザインが人気です。

ビジネスカジュアルなスタイリングにも合わせやすく、快適さとスタイルを両立させることができます。

モンクストラップシューズ

モンクストラップシューズは、クローズドレースアップではなく、バックルストラップが特徴的な靴です。一般的にはダブルモンクやシングルモンクの2つのバックルが付いているデザインがよく見られます。洗練された印象を与えることができ、ビジネススーツやフォーマルなスタイリングに適しています。

スニーカー

スニーカーは男女問わず履いています。

特に最近はデザインも豊富で、カジュアル過ぎないタイプの種類も売られています。

ナイキ、アディダス、アシックス、ニューバランス等の従来のシューズブランドの他にも、ワークマンやユニクロ等のブランドから発売されているシューズを利用している人も見かけます。

以上の特徴を持つ靴が、男性公務員が業務でよく履く靴です。

ちなみにクロックスは印象面で見ると日常業務でギリですかね・・(履いている人は一部いますが)

ビジネスフォーマルな雰囲気を醸し出しながら、快適性と耐久性を兼ね備えていく商品を選ぶことが、良い靴に巡り合うコツになります。

コスパの良い公務員向きの靴の選び方

安価な公務員向け靴の選び方について、快適性や安全性を確保しながら予算を抑える方法をご紹介します。高品質な靴を手に入れるためには、ブランドにこだわるだけでなく、素材や機能性にも注目する必要があります。

以下では、安価な靴を選ぶ際のポイントと、長持ちさせるためのケア方法について詳しく解説していきます。

安価な靴でも、快適性や安全性を重視することが大切

 安価な靴を選ぶ際にも、快適性や安全性を妥協せずに重視しましょう。

具体的には靴の中敷きやクッション性、足首のサポートなどが快適性に関わる要素です。また、滑りにくいソールや耐久性のある素材など、安全性を確保するための要素も重要です。リーズナブルな価格帯でも、これらの要素がいくつか満たされるように選びましょう。

ブランドではなく素材や機能性に注目する

安価な靴を選ぶ場合、ブランドにこだわらずに素材や機能性に注目することで、コストパフォーマンスの良い靴を見つけることができます。

ハイブランドは良いものも多いですが、お値段も相応で高価です。

耐久性のある人工皮革や合成素材を使用した靴は、リーズナブルな価格帯でありながらも品質が保たれています。

また、通気性や防水性など、自分の業務や環境に合わせた機能性も重要な要素です。

定期的なメンテナンスとケアで長持ち

適切なメンテナンスやケアを行うことで靴の寿命を延ばし、長く愛用することができます。

長く使えば結果としてコスパが良くなります。

ケアの方法としては、靴の清掃や乾燥、靴墊(インソール)の交換、修理などを定期的に行うことで、より長く靴の寿命を延ばすことができます。

また、靴の収納方法にも気を配りましょう。風通しの良い場所で保管し、変形や割れを防ぐために重ねずに並べて収納するなどの工夫も大切です。

安価な靴を長く履くためには、複数の靴を交互に使うこともおすすめです。

毎日同じ靴を履き続けると、靴の材質やクッション性が劣化しやすくなります。複数の靴を持ち、靴の負担を分散させるようにしましょう。

公務員の靴選びにオンラインショップを活用しよう

公務員の方々にとって、これまで紹介した内容を忙しい業務の合間に精査して、靴のショッピングをする時間を作ることは大変なことです。

休日は日頃の疲れを癒すためゆっくりしたい時もありますよね

そこで、オンラインショップを活用することで、効率的に公務員向けの靴を購入することができます。ここでは、公務員におすすめのオンラインショップを紹介します。

「楽天市場」でポイントGET&品揃え豊富な公務員向けの靴が揃う

楽天市場は、その品揃えの豊富さで、日本のショッピング業界で広く知られています。

公務員向けの靴も多数取り扱われており、ビジネスシーンにふさわしいデザインや機能性に優れた靴を見つけることができます。

さまざまなブランドや価格帯の商品が揃っているため、自分に合った靴を見つけやすいと評価されています。

また、楽天経済圏(楽天でスマホ契約、クレカ登録等生活に関わる全ての事を完結させている)の方は、ポイントアップデーや会員ランクに応じたポイントがどんどん貯まっていくので、ポイ活を進めている公務員にとって非常に強力な存在です。

「Amazon」で公務員向けの多種多様な靴が手軽に購入できる

Amazonは、その利便性と世界的知名度からくる多様な商品ラインナップで人気のオンラインショップです。

ネットショッピングの際に一度は利用されたことがあるのではないでしょうか?

公務員向けの人気ブランドの靴から、ノーブランドの靴まで多数取り扱われており、手軽に購入することができます。

さらに、利用者が多いため豊富なレビューや評価を参考にしながら商品を選ぶことも可能です。

Amazonは同じ商品でも品質に差があるので、必ず評価を読みましょう。

また、プライム会員なら基本配送無料。

迅速な時間指定の配送や、ショッピング以外での特典も受けられるため、非常に便利です。

「ZOZOTOWN」でトレンドに敏感な公務員におすすめの靴が揃う

ZOZOTOWNは、ファッションに敏感な人々に人気のあるオンラインファッションモールです。

公務員でもトレンドを取り入れたスタイリッシュな靴を選びたい方におすすめです。

多くのブランドやデザイナーが参加しており、幅広いスタイルの靴を見つけることが出来ます。こちらもさまざまな価格帯の商品も揃っているため、予算に合わせて選ぶことができます。

日頃の洋服にブランドを意識した着こなしをされている方や、特定のお気に入りブランドがある方は、ZOZOTOWNが満足できます。

以上のオンラインショップは、公務員の方々におすすめですが、それぞれ異なる特徴や利点を持っています。

公務員の方々は、自分のニーズや予算に合わせて適切なオンラインショップを選んでいきましょう。

熟練職人国内生産6cmヒールアップシューズ【ADERO】

男性であれば、スラっとした足長効果を見せる男性用6cmヒールアップシューズのADERO(アデロ)もオススメです。

というのも、身長が高い方ってそれだけで説得力や包容力を感じませんか?

しかし、大人になってから身長を伸ばすというのは簡単なことではなく、持って生まれたものが大きいです。

もう、あと数センチ身長が高ければ自信をもって仕事にも取り組めるのに・・

しかし、そんな悩みをそれをADEROはさりげなく叶えてくれるビジネスシューズです。

ADELOは革の裁断から縫製、組み立てまで全て日本国内で熟練の職人が一足ずつ製造している完全国内生産です。

全工程を国内で行うことで、職人が天然牛革の伸びや方向を見極めて裁断を行い、1人の職人が最後まで均一性の高い縫製を行うことが可能です。


その結果、細部まで仕上がりが繊細になり、シューズ全体のシルエット・バランスが美しく、透明感と深みが生まれています

また、全型天然牛革のソフトガラスレザーを使用。
天然牛革の中でも、柔らかくて軽いソフトガラスレザーを使用することで、履けば履くほど足に馴染み、履いた瞬間から靴ズレしにくいフィット感を実現します。

さらにソフトガラスレザーは傷がつきにくく、普段革靴のお手入れに慣れていない方でも軽い磨きで新品のような光沢感が続き、簡単にメンテナンスが可能です。

また、木型は1,000人以上の日本人の足型データに基づいて最も日本人の足に馴染みやすい型を開発。

ADELOの特徴のヒールアップインソールはカカトの接地部分のくぼみの形状と硬さを人間のカカトと同じ設計にすることで、履いた時のフィット感と6cmヒールアップを感じさせない安定した歩き易さを実現しています。

サイズが合わなかった場合には送料負担で無料交換が可能です。

価格は20000円~30000円程度とそれなりにしますが、外見をよりよく見せたい人にはADEROは一度お試しいただきたいシューズです。

男性必見のスタイルアップシューズ

公務員の靴選びについて【まとめ】

公務員の靴選び

公務員が靴を選ぶ際のポイント

  • 長時間履いていても疲れにくい
  • フォーマルなデザイン
  • 安全性を考慮した靴
  • 同僚の評価を参考にする
  • 足のサイズを測り把握する

特徴としては

  • シンプルでクラシックな革靴
  • ブラックカラーが主流
  • 耐久性のある素材と作りが重視される。
  • 快適なクッションや足のサポート機能
  • 防水性や通気性の機能

女性公務員が履く靴の種類としては

  • パンプス
  • ローファー
  • モカシン
  • ローヒールブーツ
  • スニーカー

男性公務員が履く靴の種類としては

  • ビジネスシューズ
  • ローファー
  • モンクストラップシューズ
  • スニーカー

それぞれ、フォーマルさを意識した作りの靴を選んでおくと良いです。

スニーカーを履いている人はいますが、カジュアルなのでTPOを意識してください。

コスパの良い靴の選び方としては

  • 快適性・安全性が複数満たされていること
  • ブランドではなく素材や機能性を重視すること
  • メンテナンスを欠かさないこと

長く使えれば必然的にコスパも良くなります。

靴選びにオンラインショップを活用するのもオススメです。

・楽天

・Amazon

・ZOZOTOWN

これらを活用して自分のお気に入りの靴を見つけましょう。

たかが靴とも思えますが、足元は日頃のパフォーマンス・印象を変える重要な部分です。

できるだけ自分の身の回りを整えて、最大限の評価を目指していきませんか?

あわせて読みたい
「地方公務員必見!服装・髪型の印象づくりから最高の評価を得る方法」
「地方公務員必見!服装・髪型の印象づくりから最高の評価を得る方法」

長い公務員人生に影響することを考えると、充分に時間を掛けて探す価値があります。 ぜひ自分に合った靴を探し出して、自身を最大限高める工夫をしてみてください。

この記事を書いた人
はたらく(元)公務員
はたらく(元)公務員
地方公務員として20年間勤続。若手の頃からプロジェクトのリーダー等を務めていく中で、人事評価で「S」を取得し続ける。同期の中で最速で昇進を果たすも、働き方に疑問を感じ退職。 現在は新たな生き方を模索しつつ、公務員時代のノウハウをブログにしています。
記事URLをコピーしました