<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

見た目全般

公務員の髪色・髪型のポイントを徹底解説【20年勤続公務員が語る】

公務員の髪色と髪型
matauemoon

公務員としての日頃の仕事において、適切な髪型や髪色を見つけることはなかなか簡単ではありません。

「髪型の正解が分からない・・」

「公務員にとって理想の髪型って何だろう・・」

「公務員でも茶髪や髪染めはOKなのか」

など、プロフェッショナルなイメージを保ちつつ、自分に似合うスタイルを見つけるには難しさがあります。あなたも迷ったことはありませんか?

また、公務員としてふさわしい髪型の定義がイマイチよく把握できていないのではないでしょうか。

かくいう私もその一人であり、若手の頃は色々と試しては失敗を繰り返してきました。

しかし、勤続年数も10年を超えた頃、人ウケが良い共通項を見出しました。

それは、ズバリ「清潔感」です。

そしてできれば、外見だけじゃなく内面も磨いていくと◎です!

清潔感が見られれば、大きくマイナス評価となることはあり得ません。とにかく清潔感を重視!

この記事では

・公務員としての適切な髪型について

・茶髪はアリかナシか

・男性と女性別に具体的なアドバイスやスタイリングのポイント

・日常的なケアについて

これらをご紹介します。

この記事を読むことで

・公務員のヘアースタイルの最適解を見出せる

・公務員らしい印象を演出できる

・モチベーションを上げつつ自信を持って日々業務に臨むことができる

など、今後の仕事に臨むための後押しとなります。

また、適切な髪型選びの重要性や公務員らしい個性の表現方法を理解し、信頼性を高めるためのヒントを得ることができます。

公務員としての髪色・髪型のポイントを押さえて好印象・高評価を目指していきましょう。

髪型は適当では×!あなたの公務員イメージを左右します

公務員の髪型と髪色

ご存じかと思いますが、髪型から相手の印象に与える影響はかなり大きいです。

髪型を整える重要性と自分に合うスタイルを見つけましょう。

公務員としての第一印象は髪型から!

公務員としての仕事において、第一印象は重要な要素です。

研究によれば、人間は初対面の相手に対してほんの数秒で判断を下すとされています。

その判断の大きな要因が相手の外見です。

中でも髪型は顔の特徴を強調し、個性を表現する重要な要素かつ第一印象に大きな影響を与えると言われています。

心理学的には、「第一印象の法則」として知られる現象があります。人間は他者の印象を形成する際に、最初に受け取った情報に強く影響される傾向があります。

そのため、公務員として初めて会う人々に対しては、髪型から与える印象も重要です。清潔感のあるスタイルは信頼性を高め、公務員としてのプロフェッショナリズムをアピールすることができます。

また、過去の研究では、髪型が人々の社会的評価に与える影響が明らかになっています。

例えば、整髪料を使って整えたスタイルは知的で魅力的と評価される一方、乱れた髪型は不注意や無関心といったイメージで見なされることがあります。

TPOによりますが、整髪料はキッチリとした印象を演出しやすいです。

さらに、公務員としての髪型は職業のイメージにも影響を与えます。

公務員は信頼性や公正性を体現することが求められる職種であり、そのイメージは社会的に重要です。

適切な髪型は職業の規範に従う姿勢を示し、公務員としてのプロ意識を高めてくれます。

以上の理由から、公務員としては第一印象を重要視し、適切な髪型を選ぶことが重要です。

清潔感やプロフェッショナリズムを演出し、信頼性を高めることで、仕事の成功に寄与することができるでしょう。

適切な髪型で信頼性を高める方法

しつこいようですが、髪型は公務員としての信頼性を高める重要な要素となります。外見の第一印象は相手に対する評価に大きく影響を与えるとされています。

特に、髪型は顔の特徴を強調し、相手に強い印象を与える要因となるため、適切な髪型を選ぶことが重要です。

何回でも伝えたいフレーズ。公務員は意識していない人以外に多いです。

一つの心理的法則として、「ハロー・エフェクト効果」というものがあります。

これは、人々が他者の外見に基づいて、その人の他の特性に対しても好意的な評価を下す傾向があるという法則です。

したがって、整った髪型が持つ清潔感や整然とした印象が、公務員としての他の能力やスキルに対しても好印象を与える可能性があると言えます。

これを活用しない手はありませんよね。

公務員にとって、それほどに誠実な姿は職業上の重要な要素です。

信頼される公務員としてのイメージを築くためには、髪型にも十分な注意を払う必要があります。

では、具体的にはどのような髪形が適切と言えるのでしょうか。

男性の場合、清潔感のあるショートヘアや整髪料を使った程よいスタイリングが適しています。

逆にアシンメトリー(左右非対称)を強調するような髪形は好ましくありません。

ツーブロックも定番になってきましたね。ただしサイドを刈り込みすぎるとヤンチャな感じがでてくるので程々に・・

整った短髪は、知的で信頼性のあるイメージを演出することができます。

女性の場合は、上品なボブスタイルやアップスタイルがプロフェッショナルな印象を与えることができます。

女性は髪形よりも髪色に注意が必要です。明るすぎる色や奇抜な色を避けましょう

整えられた髪型は公務員としての信頼性を高めるために欠かせない要素です。

整った髪形+普段の誠実な仕事=周囲の信頼性を勝ち取る

この式をもとに適切な髪型を選び好印象が得られると、自信を持って業務に臨むこともでき、周囲の信頼と業務の成功を収めることができるでしょう。

自分に合った髪型の見つけ方と重要ポイント

自分に合った適切な髪型を見つけることは、自身のモチベーションや周囲の評価、公務員としての自信とを表現する上で非常に重要です。

髪型は自己表現や個性を反映する要素であり、人々の外見に与える印象に大きく影響を与えるということは解説してきた中で充分にお分かりいただけたと思います。

では、自分に合った髪型を見つけるためにはどうすれば良いか。

具体的な方法や重要なポイントを見ていきましょう。

まず、自分の顔型や髪質を理解しましょう。

・丸顔の方は、輪郭をすっきりと見せるショートヘアがおすすめ

・細かなストレートヘアは輪郭を強調することに適している

・髪質が硬い場合は柔らかめのヘアースタイルが似合う

・柔らかい髪質の場合はハードなスタイルを取り入れて魅力的に

など、顔の形や髪質によって自分の似合う髪型は変わってきます。

次に、公務員としての仕事において適切な髪型を選ぶ際には、職場の規定や職場の雰囲気にも目を向けることが重要です。

公務員は社会的な役職を担うため、おカタいイメージを保つことが求められます。

職場の規定を逸脱しない範囲での清潔感あるスタイルを選んでいきましょう。

周りから見て悪目立ちする存在にならないよう気を付けてください。

「〇〇な髪の人」って言われてしまうので・・。

また、トレンドに惑わされるのではなく、自分に似合う髪型を見つけることも重要です。

一時的な流行に左右されず、自分自身に適したオーソドックスな髪型を選ぶことで、周囲の影響を受けずに業務に臨むことができます。

これまでの研究によると

「オーソドックスでありながらも個性的な髪型は、他者に対して好印象を与える」

とされています。

自分らしい似合う髪型を個性として大切にし、それを反映させることで、公務員としての魅力を発揮することができるでしょう。

自分に合う髪形のポイントとは・・

自分の顔型や髪質を理解し、なおかつ職場の規定やルールを把握する

流行に惑わされず、自分に適したオーソドックスなスタイルに個性を組み合わせることが自信と魅力を高めてくれる。

公務員としての重要な要素である髪型について十分な検討をし、信頼性と魅力を兼ね備えた髪型を見つけることで、仕事の成功に向けて一歩近づくことができるでしょう。

公務員の髪色として茶髪はアリ?ナシ?

公務員 茶髪

公務員として働く際に、髪型については適切なスタイルを選ぶことが重要なのは既にお伝えした通りですが・・「茶髪」についてはどのように受け止められているのでしょうか。

実は、茶髪については賛否両論があり、職場の風潮によっても変わってくるため、アリともナシとも言い難い状況です。

また、男女によっても捉え方に差があるように思います。

体感で申し上げると

女性は大分認められてきている

男性はちょっとカジュアルに感じられる・・

といった感じです。

男性でも茶髪は見かけたので、まぁ完全ナシではないです。

というわけで、ここでは過去の研究や心理的法則を考慮しつつ、公務員の茶髪についてアリとナシの観点から見てみましょう。

まず、茶髪を髪型としてアリとする理由としては、個性的で明るい印象を与えることができる点が挙げられます。

茶髪は他の一般的な髪色に比べて目立ちますので、個人の個性をアピールする手段として有効です。

過去の研究でも

「個性的な髪色を持つ人物は、他者から興味を持たれやすく、好印象を与える」

とされています。

そのため、カラーリングとしてブラウンを取り入れることで、公務員としての個性的な魅力をアピールできるかもしれません。

一方で、茶髪を髪型としてナシとする理由としては、公務員としてのプロフェッショナリズムや信頼性を損なう可能性が挙げられます。

さらには過度な茶髪は一部の職場では社内規定によって禁止されている場合があります。

また、

「非伝統的(個性的)な髪色を持つ人物は、保守的な職業や職場での信頼性が低く評価される」

という研究も過去には行われています。

公務員はこの「伝統」「保守」を重んじる傾向にありますね

要するに、おカタい公務員は社会的な役職を担い、信頼性を高めることが求められるため、茶髪が適切なスタイルとされない場合があるということです。

公務員の茶髪については、職場の規定や要件、地域の文化によっても評価が異なります。

適切な髪型を選ぶ際には、公務員としての信頼性とプロフェッショナリズムを重視しつつ、個性的な要素を少しずつ取り入れるバランスを考慮することが重要です。

茶髪として勤務する場合でも、カラートーンに気を付けて清潔感を保ち、自己表現に過度に偏らないスタイルを心掛けることで、公務員としての第一印象に好影響を与えることができるでしょう。

ちなみに金髪・緑・青はダメですよ。「その髪形イイね!」とはなるはずがないので、やめておきましょう。

公務員の茶髪はアリかナシか・・

・男性・・微妙(いないわけではない)

・女性・・OK(けっこういる)

保守的な環境なので、規則や周りをチェックしながら浮かないように適切なチョイスを!派手・奇抜色はどちらもNG。

数年勤務し信頼感を高めてヘアチェンジ【1年目は我慢】

1年目の初任者がいきなり髪形と髪色を攻めると、上司や先輩方の指導が入りやすいです。

なぜなら、その人がどういう仕事ぶりなのか実績もなく、信頼感もないからです。

そのためにも、一年目はひたすら業務を着実にこなして、周囲の評価を上げることに徹してください。

そうすることで、徐々に自分自身の個性を周囲は理解してくれますし、いざ髪型を変えるときにもそうマイナスになることはないでしょう。

実際に私が勤務した部署でも2年目、3年目と経験を積んでいくうちに垢抜けていく傾向にありました。

しかし、誠実に仕事をこなしていれば、外見については個人の判断に委ねられることも多く、場合によってはプラスに捉えられることもありました。

髪型だけでなく仕事とコミュニケーションもキッチリと!

公務員 コミュニケーション

スタイリッシュな髪型を追求するだけではなく、仕事とコミュニケーションもキッチリと整えましょう。

外見だけでなく、内面も重要です。というより内面が重要です。

仕事では周囲へサポートしながら、スケジュールを計画的に管理して誠実に業務をこなしましょう。

専門知識やスキルアップも欠かせません。常に学び続け、自分の分野での専門性を高めることで仕事の質が向上します。

そして、その姿を同僚は見ています。

特に個人的にはコミュニケーションが大事であると断言できます。

例えば、おもいっきり攻めた髪形や髪色で出勤したとしましょう。

すると周囲の評価はA・Bの2パターンにわかれるでしょう。

A「外見はさておき、しっかり働いていて悪い人じゃない」

B「外見も中身も変わった人。仕事もイマイチでちょっと・・」

これは、日頃構築している人間関係の積み重ねによって起こるものです。

やり過ぎちゃった・・と思っても、日頃の評価が高ければ周りの同僚達は許容してくれちゃうということも起こりえるんです

であるなら、誤解を与えないよう適切なコミュニケーションをとって仕事に臨んでいくべきですよね。

コミュニケーションスキルが高ければ髪型や髪色についても、自分の話題に変えてプラスに持っていてしまう・・なんてことも可能です。

そんなメリットだらけのコミュニケーションスキルについても日頃から学んでいくと、個性を含めて自分の色として円滑に業務を行えます。

別の記事では、コミュニケーションスキルを最大効率で高める手段について解説しています。

あわせて読みたい
【公務員最強スキル】コミュニケーションスキルを学ばない理由がない圧倒的事実
【公務員最強スキル】コミュニケーションスキルを学ばない理由がない圧倒的事実

コミュニケーションとは目に見えない感覚的なものがあります。

だからこそ、ロジカルな部分も学習し、身に着けていくことで公私ともに活用できる有用なスキルとなっています。

リーダーシップやチームワークのスキルを高め、他者と協力して目標達成に向けて努力しましょう。

外見だけじゃなく中身もこだわろう

日頃の業務内容を誠実にこなし、コミュニケーションの改善にも意識を向けることで、仕事環境での信頼感や円滑な人間関係の構築が可能。

外見だけでなく、仕事とコミュニケーションの両面をバランスよく整えることが、成功への道を開く。

公務員におすすめの清潔で上品な髪型【王道】

公務員 髪型

公務員として勤務していく上でオススメの髪型はどのようなものになるのか、見ていきましょう。実際に私が勤めた職場でも多かった髪型です。

ショートヘアスタイルで清潔感とスマートさを演出

ショートヘアスタイルは、公務員としての清潔感やスマートさを演出するのに最適な髪型として人気です。

ショートヘアの目安は人それぞれですが、個人的な感覚としては・・

男性・・耳が隠れない長さまで

女性・・肩に少しかかる程度まで

このあたりで考えていれば、公務員業界では大きく外さないかなといった感じです。

過去の調査においても、ショートヘアは知的で魅力的な印象を与えるとされています。

では、ショートヘアスタイルで清潔感とスマートさを演出するためのポイントを見ていきましょう。

一つの心理的法則として、「ステレオタイプの力」が挙げられます。人々は無意識のうちに、特定のスタイルや髪型に対して決まった印象を持つという心理です。

例えば、ショートヘアは知的でキリッとした印象を持つというステレオタイプが存在します。

そのため、公務員としての清潔感やスマートさを演出するためには、ショートヘアスタイルを選ぶことが効果的と言えます。

また、ショートヘアは手入れがしやすいという利点もあります。

公務員は日々忙しい業務に追われることが多く、髪型のスタイリングに時間をかける余裕がないこともあります。

朝はセット時間を節約できるため、忙しい公務員にとって理想的な髪型と言えるでしょう。

さらに、ショートヘアスタイルは清潔感を強調する効果があります。清潔感は公務員としての信頼性を高める重要な要素です。

ショートカットは変化が早く、形の崩れやすさが懸念されるところです。そのため2ヶ月に1回程度の定期的なカットが必要になるでしょう。

また、程よく整髪料を使って整えたナチュラル系ショートヘアは清潔感を強調するため、信頼性を高めてくれます。

このようにショートヘアスタイルは公務員としての清潔感やスマートさを演出するために優れた選択肢です。

ステレオタイプの力を利用し、知的で魅力的な印象を持つ髪形が公務員にとって好印象を与える要素となります。

また、手入れがしやすく、多忙な公務員にとっても短髪が1つの理想的なスタイルと言えるでしょう。

自信とプロフェッショナリズムを高めるために、ショートヘアスタイルを検討してみるのも良いのではないでしょうか。

ショートカットは王道。髪形に迷ったらコレ

清潔感が感じられ、心理的効果として周囲に与えるイメージとして良好。毎朝のセットも時間がかからず◎。ただし、髪形が崩れやすいため定期的なカットが必要。

【女性】ロングヘアでも適切にまとめる方法とアレンジ例

ロングヘアは女性らしい魅力を引き出す髪型であり、多くの女性に人気です。

しかし、公務員としての仕事においては、髪を適切にまとめることが求められる場面もあります。

そのため、ロングヘアを束ねても職場で印象を高める方法を知り、プロフェッショナルを演出することが重要です。

ロングヘアを適切にまとめる方法の一つとして、「アップスタイル」があります。

公務員 髪型

アップスタイルは髪をまとめることで清潔感や整然とした印象を与えるため、公務員としてのイメージにふさわしいスタイルです。

また、アップスタイルにはさまざまなバリエーションがあり、公務員として業務を行う上での重要な場面に合わせて選択することができます。

例えば、重要な会議や式典ではきちんとまとめたシンプルなアップスタイルが適しています。

シンプル1つ結びやざっくりポニーテールなど簡単でオススメ

さらに、ロングヘアのアレンジ例として「ハーフアップ」もおすすめです。

公務員 髪型

ハーフアップは顔周りをすっきりまとめることで、清潔感を演出するだけでなく、女性らしい華やかさも表現できます。

ロングヘアの長さを活かしながらも、プロフェッショナルな印象を損なうことなく、髪をアレンジすることができます。

ロングヘアを上手にまとめる方法やアレンジを知ることで、公務員としてのプロフェッショナリズムを表現することができ、信頼性を高める効果が期待できるでしょう。

アップスタイルやハーフアップなどの方法を活用し、清潔感や信頼性を演出することで、第一印象を高め、仕事の成功に寄与していきましょう。

【男性】メンズヘアスタイルで知的&魅力的なイメージをキープ

男性として知的で魅力的なイメージをキープするためにメンズヘアスタイルには気を使いたいところです。

心理的法則の1つとして、「プリミング効果」が挙げられます。

プリミング効果は、ある刺激が人の意識に影響を与え、その後の行動や評価に影響を与える現象を指します。

例えば、知的な雰囲気を漂わせるメンズヘアスタイルを選ぶことで、周囲の人々はその男性に対して知的な特性を連想しやすくなります。

知的なイメージをあらかじめプリミングすることで、実際も知的であるという印象を強化することができるのです。

また、「シンメトリー(対称性)効果」も重要です。

シンメトリー効果は、対称的な顔や髪型は美しさや魅力を強調し、好意的な印象を与えてくれます。

アシンメトリー(非対称)が流行る時もありますが、公務員の髪型としては正直微妙・・あまり向いていませんね・・

メンズヘアスタイルにおいても、対称的なスタイリングや均整の取れたデザインは、魅力的なイメージを演出する効果があります。

知的で魅力的なイメージをキープするためには、シンメトリーを意識したスタイルが重要です。

メンズヘアスタイルを意識し清潔に保つことで、知的な印象が高まり、魅力的な外見をキープすることができるでしょう。

知的で魅力的なイメージをキープするためには、プリミング効果を利用した知的な雰囲気の漂うスタイルやシンメトリーを意識したデザイン、そして清潔で整った髪型を選ぶことが重要です。

これらの要素を取り入れることで、公務員としての信頼性を高め、プロフェッショナルなイメージを持ち続けることができるでしょう。

男性公務員は、知的で魅力的なイメージをキープすることが求められます。

清潔感のあるショートヘアスタイルが一般的ですが、トップを少し長めに残す「テーパーカット」や、サイドをスッキリさせる「アンダーカット」など、個性的なスタイリングもおすすめです。

あまりゴリゴリにやり過ぎるのも禁物です、あくまで清潔感を重視しつつバランスを調整していきましょう。

毎日のケアにも注意し、髪型を整えることでプロフェッショナルな印象を持続させましょう。

髪型に合わせてアクセサリーやヘアケア商品も考えよう

自分の理想とする髪型にするだけではなく、もう一歩踏み込んだ対策をしていきましょう。

特に日頃のケアについては髪型を作る上で重要な要素です。

【女性】髪型に合ったアクセサリーで個性を表現しよう

髪型に合ったアクセサリーを身に着けることは、個性を表現し、魅力的かつ専門的なイメージを演出する重要な要素です。

外見の個性は他者との関係性や印象形成に大きな影響を与えるとされています。

そこで、髪型に合ったアクセサリーが持つ効果や心理的法則について考察してみましょう。

まず、アクセサリーは髪型を引き立て、個性を際立たせる効果があります。

適切なアクセサリーを選ぶことで、髪型の印象をより個性的にアピールすることができます。


髪型に合った適切なアクセサリーをいくつか具体的に紹介します。

ヘアピン・ヘアクリップ

シンプルで使いやすいヘアピンやヘアクリップは、髪型を整える際に重宝します。髪をまとめる際に使用したり、アップスタイルの仕上げに使ったりすることで、清潔感あるスタイリングを実現できます。

ヘアバンド

髪をまとめるだけでなく、髪型にアクセントを加えたい場合には、デザイン性のあるヘアバンドがおすすめです。幅広のヘアバンドや装飾のあるものを選ぶことで、個性的な印象を演出できます。

ヘアピース・エクステンション

ボリュームや長さを足したい場合には、ヘアピースやエクステンションを利用すると効果的です。髪型を華やかにしたり、アレンジの幅を広げたりすることができます。

ヘアバッグ・ヘアアクセサリーケース

アクセサリーを整理して持ち運ぶためのヘアバッグやヘアアクセサリーケースは、髪型を整える際に便利です。小物が取り出しやすく、スタイリングをスムーズに行うことができます。

ヘアピンセット・ヘアゴムセット

髪型に合わせたさまざまなデザインのヘアピンセットやヘアゴムセットを持っておくと、様々なスタイリングに対応できます。柔軟性があり、自分の好みに合わせて使い分けることができます。

例えば、シンプルな髪型には洗練された小物が、ボリュームのある髪型には華やかなアクセサリーが相性が良いとされています。

アクセサリーは、華美なものを避けて髪型に合わせたチョイスを

次に、心理的法則の一つとして「相似性の法則」が考えられます。

相似性の法則は、他者と共通の特性や興味を持つことが、相手に親近感を抱かせる効果を持つとされています。

髪型に合ったアクセサリーを身に着けることで、同じ興味を持った方との会話が生まれ、自分と相手の共通点をアピールすることができ、親近感や共感を生み出すことが期待できるのです。

また、髪型に合ったアクセサリーの選択は、個性を表現するだけでなく、自己表現や自己肯定感にも影響を与えます。

過去の研究によれば「アクセサリーの着用によって自己肯定感が高まる可能性がある」とされています。

確かに、お気に入りのアイテムを身に着けた時にテンションが上がりますね

自己肯定感の向上は、自信を持って相手とコミュニケーションを取ることにつながり、専門的なイメージを強化する効果があります。

髪型に合ったアクセサリーを身に着けることで、個性を表現し、魅力的で専門的なイメージを演出することができるでしょう。

アクセサリーを選ぶ際には、髪型に合ったデザインを考慮し、自己表現や自己肯定感を高めることを意識することが重要です。

【男性】髪型に合った服装でバリっとキメよう

髪型がいくら良くても、服装がイマイチでは効果も半減。もしくは効果ゼロになってしまうことも考えられます。

それを防ぐためにも髪型に合った効果的な服装を合わせてください。

別記事ではオススメの服装(スーツ)について紹介しています。誰でもすぐに変えられる部分なので髪型と服装の両方で印象を整えてあげましょう。

あわせて読みたい
公務員向けのスーツを勤続20年の元公務員が厳選してオススメ【必見】
公務員向けのスーツを勤続20年の元公務員が厳選してオススメ【必見】

髪型を整えるための必須アイテムと正しい使い方

髪型を整えるためには、適切なアイテムの使用が欠かせません。

周囲に与える印象を考慮しつつ、髪型を整えるための必須アイテムとその正しい使い方について解説します。

まず、髪型を整える必須アイテムの一つとして、「ヘアブラシ」が挙げられます。

手ぐしでクシャクシャは髪へのダメージから見てもNGです。

適切なブラッシングは髪の健康を保つために重要であり、頭皮へのマッサージ効果も期待できます。

正しい使い方として、髪の毛先から徐々に根元に向かってブラッシングすることで、絡まりを解きながら髪を傷めずに整えることができます。

次に、「コーム」も髪型を整える上で必要なアイテムです。

特に整髪料を使う際には、しっかり流れを作りたいポイントでコームを使って均等に髪に塗布することで、スタイリングの均一性を保つことができます。

整髪料を髪に均等につけることでスタイリングの持続性が向上し、髪が乾燥しにくくなります。

また、「ヘアアイロン」「ヘアドライヤー」などの熱を使用するアイテムも髪型を整える上で重要ですが、正しい使い方が大切です。

まさか自然乾燥に任せてドライヤーを使っていないなんてことはありませんよね・・自然乾燥は大ダメ―ジです

ヘアケアにおける研究によれば、過度な熱による髪へのダメージは避けるべきであり、熱を加える前にヒートプロテクト剤が含まれるヘアケア商品で髪を保護できるとされています。

また、ヘアアイロンを使う際には髪を保護するために適切な温度や時間を選ぶことが大切です。熱乾燥は上手に利用していきましょう、長時間の使いすぎはNGです。

髪型を整えるための必須アイテムは、正しい使い方を守ることで髪の健康を保ちつつ、魅力的で専門的なスタイリングを実現する手段となります。

効果に基づいた適切なアイテムの選択と使い方を意識し、髪型を整える楽しみを見つけてください。

また、公務員としてだけではなく、日頃から髪型を整えるためには、適切なヘアケア商品を使うことが大切です。

特に日常的に利用するシャンプーやコンディショナーは、効果を意識しつつ髪の状態に合ったものを選びましょう。

髪へのケアを怠ると整わなくなってくる

公務員 髪色

ドライヤー、整髪料、紫外線などで、日頃の髪はダメージを受けています。

こういったダメージに対し、効果的にケアしていかなければ、髪質が悪化していきます。

また、雑にケアしていると次第に加齢やダメージによって、自分のセットしたい髪型に整わなくなってきます・・。

「髪に掛けている時間は無い」

「何を使っても同じ」

「そこまでコストを掛けたくない」

等の理由で、適当~な商品で適当~に髪を扱っていませんか?

できればすぐにでもその意識を変えていただきたいです。

それらは「効果の高い製品を普段使いしていく」ことで解消できる問題だからです。

例えば、食事・入浴は大体1日に1回済ませるので、その流れの中に効果的にヘアケアを組み込めば負担なく日常に取り入れられるのではないでしょうか。

ヘアケア商品は数多く販売されていますが、適当ではなく、自分にとって効果の高い商品を選ぶことが重要です。

土台作りとメンテを怠ると、様々な部分にボロが出てきてしまうんですよね・・

髪の長さや質、スタイリングの好みなどを考慮し、公務員に適した髪型を維持するためにも、日頃から最適なヘアケア商品を選びましょう。

また、有名ブランドの製品や口コミ評価の高いアイテムも参考になります。

公務員の髪色・髪型で最重要なのは「清潔感」そして「内面」も磨くこと【まとめ】

公務員 髪型と髪色

公務員としての髪型は、信頼性とプロフェッショナリズムを表現する重要な要素です。第一印象を左右するため、清潔感のある髪型を心掛けましょう。

男性はシンプルでスマートなショートヘアが好印象。

女性は上品なボブスタイルやアップスタイルがおすすめです。

自分に合った髪型を見つけるためには、顔型や髪質を考慮し、職場の規定を把握することが重要です。

また、トレンドよりもオーソドックスな自分に似合うスタイルを選び、業務に臨みましょう。

髪色に関しては、茶髪が女性では浸透してるものの、男性はカジュアルに見られます。

TPOとカラートーンに配慮していきましょう。

髪型に合わせたアクセサリーやヘアケア商品も大切な要素であり、公務員らしい個性を表現する大事なツールです。

また、これらの髪型を形成する髪そのものと頭皮への適切なヘアケア商品を選び、正しい使い方で髪を整えることも忘れずに。

また、外見ばかり意識を向けがちですが「内面」も大事!

コミュニケーションスキルに不安がある方はコチラの記事を参考に中身を磨く努力もしてください。

公務員としての髪型は、プロフェッショナルなイメージを与えるための重要なステップとなります。自分に合った髪型を見つけ、公務員としての活躍に役立ててください。

あわせて読みたい
「地方公務員必見!服装・髪型の印象づくりから最高の評価を得る方法」
「地方公務員必見!服装・髪型の印象づくりから最高の評価を得る方法」
この記事を書いた人
はたらく(元)公務員
はたらく(元)公務員
地方公務員として20年間勤続。若手の頃からプロジェクトのリーダー等を務めていく中で、人事評価で「S」を取得し続ける。同期の中で最速で昇進を果たすも、働き方に疑問を感じ退職。 現在は新たな生き方を模索しつつ、公務員時代のノウハウをブログにしています。
記事URLをコピーしました