<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

見た目全般

公務員にオススメ!職務に最適な腕時計を徹底解説

公務員の腕時計
matauemoon

公務員の皆さんにとって、腕時計も重要なアクセサリーです。

公務員としての信頼感や印象を示すために、適切な腕時計を選ぶことは必要です。

とはいえ、

「公務員にとっての適切な腕時計の定義がわからない」

「具体的にどんな時計を着ければいいか知りたい」

「腕時計で良い印象を与えたい」

など、お悩みではないでしょうか?

私も採用されて間もない頃は、公務員は堅苦しい組織のイメージでどの位の腕時計を付ければ印象が良いのか分かりませんでした。

ですが、今となってその悩みは簡単に解決できます。

なぜなら結論としては、「公務員の時計の正解はコレ!」というものはないのが実情だからです。

しかしあなたにとっての最適解はあります。それをこの記事を通してぜひ見つけてください。

勤続20年超の元公務員で人事評価「S」を取得してきた私が、様々な情報を網羅して提供いたします。

この記事から分かること

・信頼性と品質に焦点を当てた腕時計の比較ガイド

・公務員のための時計選びのポイントとフォーマルなスタイルのコーデ術

・公務員のための実用的な機能を備えた腕時計のおすすめリスト

・公務員におすすめの腕時計ブランドの公式ストア

この記事を読むことで

・公務員にふさわしい腕時計のポイントがわかる

・予算毎のブランドや品質がわかる

・公務員として勤める上での腕時計コーデがわかる

自分に似合った時計を身に着けて毎日の公務員LIFEを充実させていきましょう。

スポンサーリンク

公務員におすすめの腕時計のポイントを徹底解説!

公務員 腕時計

公務員の皆さんにとって、腕時計は信頼性と品質が求められる重要なアイテムです。

ですが、無難なデザインであれば、特に制限なくどうこう言われるものでもありません。

とはいえ、公務員としての適切なポイントは抑えておくべきです。

ここでは、高品質と信頼性を追求した公務員向け腕時計の選び方について解説します。

パーツの品質・機能・ブランドについて

品質には一定の水準を求めたいところです。

あまりにもチープなものですと、さすがにスーツやシャツに似合わないですし、日常の業務にも支障をきたす可能性があります。以下の項目を参考にしてください。

腕時計のムーブメント(時計の動力源)

公務員向けの腕時計には、一般的に自動巻きムーブメントかクオーツがおすすめ。

自動巻きムーブメントは、日常の動きで発生する運動エネルギーを利用して時計を駆動させるため、定期的な電池交換の必要がありません。

また、高品質なムーブメントは正確な時間を保ち、信頼性が高いことが特徴です。

自動巻きムーブメントの懸念点は、磁気に弱かったり、複雑な仕組みの為メンテナンスが高額だったりします。

クオーツは電池を動力としており、安価で誤差も生じにくいです。

クオーツの懸念点は、電池交換はどこかのタイミングで必要になり、時計屋さんに依頼することになります。

ケース素材と防水性能

公務員の業務は部署によって多種多様。多くの異なる環境で対応する必要がありますので、耐久性と防水性は重要な要素です。

特にステンレススチールやチタンなどの素材は耐久性が高く、日常的な使用に適しています。

一般的な傾向としてチタンは軽量ですが、ステンレスよりも高価です。

また、最低でも生活用水程度の防水性能を持つ腕時計を選ぶことをおすすめします。

これにより、日常生活や雨天時の使用に対応できます。

ブランドの信頼性

有名な時計ブランドは多くの場合、品質管理やアフターサービスに厳しい基準を設けています。

信頼性の高いブランドは、長期間にわたり時計のメンテナンスや修理を行ってくれるため、安心して使用することができます。

ブランドが確立された腕時計は高価な場合がほとんどですが、その分長い目で見るとコスパが良くなることもあります。

高品質で信頼性のある腕時計は、公務員としてのイメージを向上させ、長く愛用できるので結果的買ってよかったとなることが多いです。

逆に故障が多い低品質な時計は手間が多く、やがて着けなくなります。

公務員が選ぶ腕時計のポイント

・動力源は自動巻きorクオーツ

・ケースはステンレスorチタン

・生活防水レベルは欲しい

・名のあるブランドは信頼できる(高価な傾向)

素材や機能のポイントを考慮しながら、自身の予算や好みに合った公務員に適した腕時計を選びましょう。

フォーマルな雰囲気を演出するデザインがGOOD

公務員は、フォーマルな場において信頼性と堅実なイメージを保つことが求められます。

そのため、腕時計のデザインにも注意が必要です。

以下では、フォーマルな雰囲気を演出するための公務員向け腕時計のデザインポイントをご紹介します。

ケースサイズ

一般的に、公務員向けの腕時計では、ケースサイズが適度にコンパクトなものがおすすめです。

具体的には業務で着用するなら直径40mm以下が適切です。

大きすぎるケースサイズは、主張が強くフォーマルなスタイルにはふさわしくありません。

文字盤のデザイン

シンプルでクラシックなデザインの文字盤がフォーマルな雰囲気を引き立てます。

無駄な装飾や派手なデザインは避け、シンプルなインデックスや針、クリーンな文字盤がスマートで上品な印象を与えます。

また、文字盤のカラーは、一般的にはホワイトやシルバー、ブラックなどのモノトーンが好まれます。

ベルト

革ベルトの腕時計もフォーマルな雰囲気に合う選択肢です。

革ベルトは上品さと品位を演出し、ビジネスシーンにマッチします。

ブラックやブラウンの革ベルトが特に人気であり、公務員が着用する腕時計にはよく見られるスタイルです。

わりと豊富に売られているデザインの形です。個性が強くなければOK

以上のデザインポイントを考慮しながら、公務員向けの腕時計を選ぶことで、フォーマルな場面でのスタイリッシュな印象を与えることができます。

公務員向きの時計デザインは・・

・ケースサイズは大きすぎず40mm以下

・文字盤はモノトーンでシックに

・ベルトも黒系や茶系がGOOD

便利機能を備えるスマートウォッチも〇

スマートウォッチはここ10年程度で一気にシェアが拡がりました。

業務における正確な時間管理以外にも、様々な機能を備えている優れもの。しかも丈夫で安価です。

個人的にはスマートウォッチは選択肢として有力だと感じています。

そこで、公務員の業務に適した機能を備えた腕時計としてスマートウォッチをご紹介します。

実際に公務員でも着けている方を大勢見かけますので大丈夫です。

スマートウォッチは見た目こそややフォーマルさが失われますが、以下のように公務員の業務効率向上に役立つ機能を備えています。

タイマー機能

公務員の方々が時間管理を行う際に便利なタイマー機能を備えているものがほとんどです。

タイマーを使用することで、会議や業務の時間配分を正確に行い、スムーズな業務遂行をサポートします。

ストップウォッチ機能

時間計測が必要な業務においては、ストップウォッチ機能が役立ちます。例えば、公務員の方がイベントの運営や時間制限のある業務を担当する場合、ストップウォッチを使って正確な時間管理を行うことができます。

アラーム機能

業務のスケジュールや重要な予定を忘れないためには、アラーム機能のある腕時計が便利です。アラームをセットしておくことで、重要なミーティングや予定のリマインダーとして活用できます。

デジタル日付表示機能

公務員の方々は、日々のスケジュールや締切などに関する日付情報を把握する必要があります。デジタルで日付表示機能を備えた腕時計は、パッとかざして常に正確な日付を確認することができ、ちょっとした業務の助けに役立ちます。

スマホ連動機能

スマートフォンと連動させることで、着信を知らせてくれたり、メッセージを表示してくれます。

その他にもアプリと連携させることで歩数や距離などを示してくれます。

電池交換不要かつ充電が容易なのも大きなポイントです

多種の機能を備えた腕時計は、業務において効率的な時間管理やスケジュール管理をサポートします。

自身の業務スタイルやニーズに合った機能を持つスマートウォッチを選ぶことで、業務の効率化やストレス軽減につながるでしょう。

スマートウォッチの良さはココ!

・タイマー機能

・スマホ連動機能

・USB充電機能

公務員に適した腕時計の価格帯とブランド比較

公務員 腕時計

「公務員が着用している腕時計の相場は大体どれくらいなのか。」

「どの程度の価格帯が業務に適した腕時計なのか。」

この辺りは気になるところではないでしょうか。その点を具体的にご紹介します。

実際のところは、人それぞれ。金額もピンからキリまでといった感じです。

あとはその人の好みやこだわりが表れています

とはいえ、腕時計だけにそんなにお金を掛けていられないので、高級腕時計を身に着けている方はごく少数です。

【予算に合わせて選ぶ】公務員向け腕時計の価格帯ガイド

公務員に適した腕時計を選ぶ際には、まず自身の予算を考慮することが重要です。

以下に、公務員向け腕時計の一般的な価格帯とその特徴をご紹介します。

1万円以下

この価格帯の腕時計は、低予算で手に入れることができるエントリーレベルのものです。

一般的にはシンプルなデザインや基本的な機能を備えています。

耐久性やブランドの知名度は低い場合が多いため、数年単位で長期間使用することを考えると、あまりおすすめできません。買い替えを想定して購入しましょう。

ただし、予算面でここまでしか出せないと言った場合でも、必要十分の機能はあるので、社会人入門編としては適しています。

1万円〜3万円

この価格帯では、より信頼性や耐久性のある腕時計を選ぶことができます。

主要な時計メーカーのエントリーレベルのモデルや、マイナーブランドの中級モデルが含まれます。

多くの場合、デザインや機能も充実しており、公務員に適したモデルに十分に応えることができます。

また、自分にとって好みのデザインが出てくるのもこの価格帯です。

3万円〜10万円

この価格帯では、より高品質でデザインも洗練された腕時計を見つけることができます。

主要な時計ブランドの中級モデルや、一部の高級ブランドのエントリーレベルのモデルが含まれ、他の職員とあまり被らないのもポイント。

デザインや機能に加えて、日本では普及していない高級路線のブランドにも手が届くため、デザインや機能に凝った様々な選択肢を持つことができます。

少しこれまでの時計とは作りが変わってくるので、個性やオリジナリティを出せますね。

10万円以上

この価格帯では、皆が一度は聞いたことがある高級な腕時計を選ぶことができます。

主要な高級時計ブランドやコレクターズアイテムもこの価格帯に含まれます。

デザインや機能はもちろんのこと、優れた精度や高級素材の使用など、高水準の品質が手に入ります。

また、このクラスは高額になるほど資産的な価値も生まれてきます。

中古で売っても価格が落ちない人気の腕時計もありますので、この価格帯は機能に加え、資産として保有するといった別の視点が出てきます。

このクラスまでくるとかなり時計好きな方ですよね・・

日常業務の機能性より相手に与える印象や見た目を重視している感じですが、公務員としては秘めた上品さを持ったデザインがオススメです

予算に応じて選ぶ際には、長期的な使用やブランドの信頼性を考慮しましょう。

自分の財布と相談しながら、公務員のイメージに合った品質やデザインを持つ腕時計を選ぶことが重要です。

主要ブランドの腕時計の特徴と比較

公務員向けの腕時計を選ぶ際には、主要なブランドの特徴や提供するモデルを比較することが重要です。以下に、いくつかの主要ブランドの特徴をご紹介します。

セイコー(Seiko)

特徴

①技術の革新

セイコーは腕時計製造においてさまざまな技術革新を実現してきました。例えば、セイコーは世界初のクォーツ時計(セイコー クォーツ アストロン)を開発し、また、独自のスプリングドライブ技術を搭載した時計も有名です。

②多様なラインナップ

セイコーは幅広いラインナップを提供しており、機械式時計、クォーツ時計、ソーラー駆動時計、キネティック(運動エネルギーを電力に変換する)時計などがあります。

さらに、プロスペックス(スポーツウォッチ)、プレザージュ(ドレスウォッチ)、グランドセイコー(高級ライン)など、さまざまなコレクションがあります。

③高い品質と信頼性

セイコーは日本で長年にわたって高品質な時計を提供しており、そのブランドは世界的知名度であり、高い信頼性を誇っています。また、その信頼性の基礎となる正確性と耐久性に優れた腕時計を多数展開しています。

また、一部のモデルでは、磁気耐性や耐衝撃性などの特殊な機能も備えています。

価格帯

セイコーの価格帯はとにかく幅広いです。

エントリーレベルから高級モデルまでさまざまな価格帯の時計があります。エントリーレベルのソーラー式や、クォーツ時計は15000円程度から購入できます。

一方、機械式時計やグランドセイコーなどの高級モデルは200000円以上の価格帯になる場合があります。

価格はデザイン、機能、素材の品質などによって異なるため、幅広い予算に対応する製品が揃っています。

セイコーはその幅広いラインナップと技術の革新により、多くの人々から支持されています。高品質な時計を求める人や、革新的な機能に興味がある人、そしてデザイン性にこだわる人まで、幅広いニーズに応えるブランドです。

種類によって、年配向けのような落ち着いたデザインもあります・・

オリエント(Orient)

特徴

①自社製造ムーブメント

オリエントは独自のムーブメント製造を行っており、時計の心臓部であるムーブメントを自社で開発・製造しています。このこだわりは、オリエントの時計に高い品質と信頼性をもたらしています。

②日本の職人技術

オリエントは日本の職人技術に根ざした時計ブランドであり、細部にまでわたる精密な仕上げや組み立てが特徴です。伝統的な時計づくりの技術と最新の製造技術を組み合わせて、優れた時計を生み出しています。

③個性のあるデザイン

他の日本ブランドが保守的だとするならば、オリエントは比較的攻めたデザインと言えます。

他の方と同じような形状で被りたくない場合にはオリエントが候補として優位に挙がってきます。

価格帯

オリエントの価格帯は中級から高級まで幅広く展開されていますが、セイコーよりは平均的に安いかな?といった印象です。

エントリーレベルのモデルは15000円程度から入手できます。

一方、高級ラインのプレステージやロイヤルオリエントなどは100000円程度の価格帯になる場合があります。価格はデザイン、機能、使用されている素材、ムーブメントのタイプなどによって異なります。

オリエントの時計は、職人技術と日本の品質にこだわりながら、多様なデザインと高い信頼性を提供しています。手頃な価格でありながら、高い品質と優れたムーブメントを備えたオリエントの時計は、多くの時計愛好家に支持されています。

やや個性強めのデザインもあり、好みがわかれるかも・・

シチズン(CITIZEN)

特徴

①エコ・ドライブ技術

シチズンはエコ・ドライブ技術を開発し、腕時計に採用しています。エコ・ドライブは光のエネルギーを利用して時計を駆動するシステムであり、電池交換が不要なことが特徴です。太陽光や人工光など、あらゆる種類の光源からエネルギーを取り込むことができます。

②多様なコレクション

シチズンはさまざまなコレクションを展開しています。

例えば、エコ・ドライブのソーラーシリーズ、プロマスターのアウトドアウォッチ、エクシードの高級ライン、アテッサの電波ソーラーシリーズなどがあります。

また、シチズンは機能的な時計を提供するだけでなく、デザインにも力を入れており、幅広いスタイルや用途に合わせたモデルを提供しています。

③技術と品質へのこだわり

シチズンは時計の精度と耐久性に対して高い基準を持っています。シチズンの時計は、クォーツムーブメントやエコ・ドライブ技術の採用により、正確な時刻表示と長いバッテリー寿命を実現しています。また、一部のモデルでは、磁気耐性や耐衝撃性などの特殊な機能も搭載しています。

価格帯

シチズンの価格帯も幅広いです。

エントリーレベルから高級モデルまで様々な価格帯の時計があります。

セイコー同様、エントリーレベルのエコ・ドライブやクォーツ時計は15000円程度から入手できます。

高級モデルや特殊機能を備えたモデルは150000円以上の価格になっています。価格はデザイン、機能、素材の品質などによって異なります。

シチズンの時計は、高品質な製品と革新的な技術を組み合わせており、多くの人々から支持を受けています。さまざまな価格帯と幅広いコレクションがあるため、シチズンは幅広いニーズに応える時計ブランドとして知られています。

シチズンは、ややカジュアルなデザインが多い印象です。職場の雰囲気を鑑みて・・

カシオ(CASIO)

特徴

①テクノロジーと機能性

カシオは革新的なテクノロジーと高度な機能性を特徴とする腕時計を提供しています。カシオの時計は、多機能デジタル時計やアナログデジタル複合時計、スマートウォッチなど、さまざまなスタイルと機能を備えています。アラーム、ストップウォッチ、タイマー、照明、気圧計、コンパス、Bluetooth通信など、さまざまな便利な機能が搭載されています。

②タフネスウォッチ

カシオのタフネスウォッチは、耐衝撃性や耐水性などの強化された耐久性が特徴です。特にG-SHOCK(ジーショック)シリーズは、その堅牢さとタフさで知られています。アウトドアやスポーツの活動に耐える頑丈な時計を求める人々に人気があります。

③デザインの多様性

カシオは幅広いデザインの時計を展開しています。スポーティでカジュアルなデザインから、クラシックでエレガントなスタイルまで、さまざまなライフスタイルや好みに合わせたモデルが揃っています。また、カシオはさまざまなコラボレーションや限定版モデルも提供しており、特別なデザインの時計も楽しむことができます。

価格帯

カシオの価格帯は幅広いですが、セイコーやシチズンと比べると割安です。とはいえ、エントリーレベルから中級レベルまでさまざまな価格帯の時計があります。

エントリーレベルのデジタル時計や基本的な機能を持つモデルは、8000円程度から入手できます。タフネスウォッチや高機能モデル、スマートウォッチなどは100000円程度の価格帯になることもあります。

カシオの腕時計は、革新的なテクノロジーや高い機能性、タフネスな耐久性が特徴であり、幅広いニーズに応える製品を提供しています。価格と品質のバランスが取れたカシオの時計は、多くの人々に支持されています。

カシオは計算機のメーカーで、時計のブランドイメージはそう強くないですね・・

オメガ(OMEGA)

特徴

①高精度と品質

オメガはスイスの高級時計ブランドであり、その時計は高い精度と優れた品質で知られています。オメガは正確なクロノメーター認証を取得しており、多くのモデルが厳しいテストをクリアしています。

また、オメガの時計は高品質な素材と洗練された職人技術で作られており、耐久性と美しさを兼ね備えています。

②海外ブランドの歴史

オメガは長い歴史を持つブランドであり、特に宇宙飛行士やスポーツ選手との関係で有名です。1969年のアポロ11号ミッションで宇宙に初めて持ち込まれた時計はオメガのスピードマスターであり、以来、オメガはNASAの公式時計となっています。

オメガの時計はスポーツイベントや冒険にも頻繁に使用されており、その信頼性と耐久性が評価されています。

③優れたデザイン

オメガの時計は洗練されたデザインで知られており、多くのモデルがクラシックでエレガントなスタイルを持っています。

また、スポーティでモダンなデザインのモデルもあります。オメガはさまざまなコレクションを展開しており、個性的なデザインや特別な限定版モデルも提供しています。

価格帯

オメガの価格帯は一般的に高級な範囲に位置しています

エントリーレベルのモデルでも200000円以上の価格がありますが、一般的な価格帯は500000円程度になります。

価格は使用されている素材、ムーブメントの種類、デザインの希少性、限定版の有無などによって異なります。一部の高級ラインや特別なモデルは3000000円以上の価格になることもあります。

オメガは高い精度、優れた品質、魅力的なデザインで知られており、時計愛好家やコレクターから高い評価を受けています。その歴史的なレガシーや宇宙への関わりも、オメガを特別なブランドとして位置付けています。

オーバーホールやメンテを含めたコスト面が難点・・

ロレックス(Rolex)

特徴

①優れた品質と知名度

ロレックスはスイスの高級時計ブランドであり、その時計は非常に高い品質と信頼性で知られています。ロレックスは厳格な基準を持ち、自社でムーブメントからケースまでの製造を行っています。耐久性、防水性、精度などの面で高い基準を満たしており、非常に信頼性の高い時計です。また、日本でも人気が高くリセールバリューがあり、中古でも非常に価格が落ちにくい特徴を持ちます。

②洗練されたデザイン

ロレックスの時計は優れたクラフツマンシップと洗練されたデザインが特徴です。細部にまでわたる丹念な仕上げや優れた組み立て技術が魅力であり、その品質は時計業界でも高く評価されています。

また、ロレックスといえば誰もがイメージできるシンボルとデザインを持ち、見た目でも多くの人を惹きつけて止まないスタイルが特徴です。

③技術革新と機能性

ロレックスは時計技術の革新にも注力しており、独自の特許技術を多数持っています。

例えば、耐磁性や自動巻き機構、防水機能など、時計の機能性を向上させるための独自の技術を開発しています。

また、一部のモデルにはGMT機能やクロノグラフなどの複雑な機能も搭載されています。

価格帯

ロレックスはどれも高価です。一般的には800000円程度からになります。価格は使用されている素材(ステンレススチール、ゴールド、プラチナなど)、モデルの希少性、デザイン、機能、コレクタブルな要素などによって大きく異なります。一部の特別なモデルや限定版モデルは数百万円と高額な取引価格で取引されることもあります。

ロレックスは高品質な時計として知られており、その精度、信頼性、デザインの優れた組み合わせが多くの人々から支持を受けています。また、ロレックスの時計は一部が希少性や人気の高さから中古市場でも高い価値が保たれています。

一般人が身に着けるにはとても高額です

その他ブランド無数

値段もピンキリですが、デザインの選択肢が豊富です。

今は下手に低水準の時計を販売するメーカーも少ないですし、ある程度の機能の中でデザインを楽しみたい方は、有名時計ブランドではないものもアリです。

ただし、「安物買いの銭失い」は避けてください。

コスパに優れた公務員向け腕時計のおすすめブランド

公務員向けの腕時計を選ぶ際には、コストパフォーマンスも重要な要素です。コストパフォーマンスに優れた公務員向け腕時計のおすすめブランドは・・

ズバリ、セイコー、シチズンがコスパの良い腕時計を展開していると思います。

どの価格帯のものを選んだとしても、既にその商品自体がコストパフォーマンスに優れているので、とりあえず持っておいて損はないという印象です。

腕時計はメンテナンスで長く愛用する

公務員 腕時計

公務員として自分にふさわしい腕時計が見つかったとしても、長く愛用するためには、適切なメンテナンスが欠かせません。

特に高価な腕時計ほど定期的にメンテナンスを行い、長く愛用していきたいものです。

メンテナンスといってもショップで依頼するだけでなく、日頃のセルフケアも重要になります。

長く愛用するためのメンテナンスポイント

日常のケア

腕時計は日常的に身に着けるため、汗や皮脂、埃が付着しやすくなります。

定期的に柔らかい布や綿棒を使って優しく拭き取りましょう。

また、水洗いが可能な防水時計であれば、時計本体を水に浸けながら汚れを洗い流すことも有効です。

ただし、防水性のない時計や革ベルトの場合は痛めてしまうので注意が必要です。

適切な保管

腕時計を保管する際には、直射日光や高温多湿な場所を避けることが重要です。

また、磁気の影響を受けにくい場所に保管しましょう。

PC,スマホ、ピップエレキバン等の磁気ネックレスの近くはできれば避けましょう

また、時計ボックスやケースに収納することで、傷や衝撃から保護することもできます。

毎回面倒かもしれませんが、良い時計ほど気を付けたいところです。

ベルトやバンドの交換

腕時計のベルトやバンドは、使用頻度や状態によって劣化することがあります。

劣化が進んだ場合は、専門店や時計販売店での交換を検討しましょう。

また、定期的にクリーニングや保湿剤の塗布を行うことで、革ベルトの美しさと耐久性を保つことができます。

電池交換や防水性のチェック

基本的なメンテナンスには、見た目の劣化防止だけでなく、中身である電池交換や防水性等の機能面でのチェックも含まれます。

電池交換

クォーツ式の腕時計は一定期間ごとに電池交換が必要です。

電池寿命は時計のブランドやモデルによって異なりますが、電池寿命が近づいている場合、時計が正確に動かなくなったり停止したりすることがあります。

電池交換後、次の電池交換までは3~4年程度が目安です。

古い電池をずっと付けて置いておくと、液漏れで痛めてしまう場合もありますので注意です

電池交換は専門の時計店やメーカーサービスセンターで行うことをおすすめします。正確な電池の種類と交換時期については、時計の取扱説明書やメーカーの公式ウェブサイトを参照しましょう。

防水性のチェック

防水性能を持つ腕時計は、定期的な防水性のチェックが重要です。

ケースのパッキンもやはり劣化していきますので、特に水中で使用する機会が多い場合や水泳やダイビングなどの水上活動を行う場合は、防水性能を確認することが必要です。

防水性のチェックは専門の時計店やメーカーサービスセンターに依頼することが一般的です。

定期的な防水性のチェックと必要に応じたメンテナンスは、時計の損傷や水漏れを防ぐために重要です。

専門業者への定期点検や修理の依頼

腕時計は、専門の業者に定期的な点検や修理を依頼することで、長く安心して使用することができます。

特にお気に入りで高価な時計は、異変を感じたら故障する前に点検に出すことが、末永く使うことや売る際の買取価格アップにつながります。

以下の点検や修理に関するポイントを参考にしてください。

定期点検

定期的な点検は、腕時計の正確性や動作、防水性などを確認するために重要です。一般的には1〜2年に1回の点検が推奨されています。

点検は時計店やメーカーサービスセンターで行われ、専門の技術者が時計の状態を詳しく調べます。点検によって、異常や修理が必要な箇所が見つかった場合は、適切な対処が行われます。

修理の依頼

時計が故障したり、パーツが破損した場合は、専門の業者に修理を依頼する必要があります。修理は、時計のブランドやモデルによって異なるため、修理が必要な場合は、時計店やメーカーサービスセンターに相談しましょう。

修理には費用や修理期間がかかることがありますので、事前に見積もりや修理に関する詳細を確認しておくことが重要です。

公務員として業務に使用する腕時計は、ある程度高い品質と耐久性を備えていると思いますが、適切なメンテナンスでその寿命を延ばしていきましょう。

定期的なケアやバッテリー交換、防水性のチェック、定期点検や修理の依頼など、これらのメンテナンスを忘れずに、適切に行うようにしましょう。

公務員の腕時計コーディネート術

公務員 コーディネート

公務員は平日も休日も公務員としての振る舞いを求められます。

信用失墜行為は許されず、職業と自分を常に切り離すことができない存在です。

その為ある一定の整った服装やアクセサリーがあると、見た目の印象が良くなります。

日常でも腕時計とコーディネートを意識していくと、センスもグッと高まりオシャレに見えますので、以下の項目を参考にしてみてください。

フォーマルなシーンではクラシック&落ち着きを

公務員向けの腕時計をフォーマルなシーンでおしゃれにコーディネートするためには、以下のポイントを参考にしてみてください。

クラシックなデザインの腕時計を選ぶ

公務員向けのフォーマルな場にふさわしい腕時計は、クラシックでシンプルなデザインがおすすめです。

レザーベルトやメタルブレスレットの腕時計が一般的です。

また、ブラックやシルバーのダイアルと合わせることで、より上品な印象を与えることができます。

サイズとバランスに注意する

腕時計のサイズとバランスも重要な要素です。

公務員のスーツやフォーマルな服装には、比較的細身のケースサイズやスリムなデザインの腕時計がマッチします。

手首に程よくフィットするサイズを選ぶことで、より洗練された印象を演出できます。

無地やシンプルな文字盤を選ぶ

公務員向けの腕時計は、無地やシンプルな文字盤のものが好まれます。

一部の公務員は制服で勤務するため、派手な柄や装飾が目立つ腕時計は避けるべきです。

品位や職業の尊厳を保つためにも、シンプルで落ち着いたデザインの腕時計を選ぶことが大切です。

カジュアルシーンでは色合いとデザインを主張していく

休日などのカジュアルな私服スタイルに合わせつつも、崩し過ぎず腕時計をおしゃれにコーディネートするためには、以下のポイントに注意してみましょう。

スポーティなデザインの腕時計にもチャレンジ

アウトドアの私服スタイルには、スポーティでカジュアルなデザインの腕時計がマッチします。

スポーツウォッチやクロノグラフなど、機能性を備えたデザインがおすすめです。

また、20代はカラフルなストラップやダイアルを選ぶことで、よりアクティブな印象を与えることができます。

着用するアイテムとの色の調和を考える

私服スタイルでは、腕時計の色と着用するアイテムの色の調和が重要です。

モノトーンのスタイリングには、ブラックやシルバーなどのネイビーやグレーの腕時計が相性が良いですが、ワンポイントで明るめのアクセントカラーを足すことで、カジュアルな印象を演出することができます。

明るいカラーや柄のアイテムと合わせる場合には、カラフルなストラップやダイアルの腕時計がアクセントとなります。

腕時計を主役にしたスタイリングを試す

カジュアルな私服スタイルでは、腕時計を主役としたスタイリングもおしゃれです。

シンプルな服装に目を引くデザインの腕時計を合わせることで、一つのアクセントとなります。

特に若年層ではパステルカラーなどで「遊び」を表現すると、より良い印象づくりができるでしょう。

【まとめ】公務員の時計は落ち着いたデザインと一定の品質で充分

女性公務員 腕時計

公務員の腕時計について解説してきました。

ポイントとしては以下の通りです。

公務員の腕時計はこんな感じです

・公務員の腕時計は一定の品質が必要。とはいえ高くてもせいぜい数万円で充分。

・数十万以上といった腕時計の着用は趣味や資産性といった別の要素。

・安すぎると長くは使えない。時計の精度、耐久性、防水機能はチェック。

・デザインはシンプルに、モノトーンカラーでケースサイズも40mm以下が〇

・ある程度の価格帯の腕時計は専門業者のアフターケアで長く愛用したい。

・休日やカジュアルシーンで使う際にはカラフルやスポーティなデザインもアリ

結論は、よほど派手過ぎず、日本が代表する一定のブランドで販売されているものであれば、問題ありません。

時計による見た目や印象の向上も一部ありますが、それ以上に腕時計を通じて、服装、髪型、人間性等の総合的な自分のパフォーマンスを高め、評価を得ていくことに注力していきましょう。

あわせて読みたい
「地方公務員必見!服装・髪型の印象づくりから最高の評価を得る方法」
「地方公務員必見!服装・髪型の印象づくりから最高の評価を得る方法」

公務員の皆さんにとって良い印象づくりにつながる評価の入り口として、職業的にふさわしく、自分にとって満足できる時計が見つかることを祈っています。

この記事を書いた人
はたらく(元)公務員
はたらく(元)公務員
地方公務員として20年間勤続。若手の頃からプロジェクトのリーダー等を務めていく中で、人事評価で「S」を取得し続ける。同期の中で最速で昇進を果たすも、働き方に疑問を感じ退職。 現在は新たな生き方を模索しつつ、公務員時代のノウハウをブログにしています。
記事URLをコピーしました